ABOUT

ちょきペタ工房きむらとは?

ちょきペタ工房きむらは、富山を拠点に「アニメーション制作」や「アニメーションワークショップ」、「イラスト制作」や「造形制作」などの活動を行っており、
主に毛糸・紙・布・粘土・ビーズなど、身の回りの素材を使った作品制作を得意としています。
因みにアニメーションの語源はラテン語の「アニマ(魂や生命)」を意味しており、絵や物に「息吹を吹き込む」ことによって驚きや楽しさなど、作品を通してお伝えできればと思います。

アニメーター 木村光宏 

1987~2009年

東京でアニメーション制作会社(株)スリー・ディを経てフリーランスとなり、NHKなどの幼児向けのアニメーション制作に携わる。
またそのかたわら、阿佐ヶ谷美術専門学校(2001年~2008年)、ヒューマンアカデミー東京校(2002年~2005年)、東京造形大学(2007年、2008年)にて、アニメーションの非常勤講師も務める。

2010~2019年

生まれ故郷に貢献したいため富山に帰郷し、いったんアニメーション活動は縮小。

2020年

『ちょきペタ工房きむら』として富山で新たにアニメーション活動を開始。

制作ポリシー

『 Universal Animation 』
(日々私がテーマとして思う事です。)

ここでいう Animationとは、一般的に考えられる動画や映画の技法に限りません。

Animationは決して、狭い殻に閉じ籠ったり 自己中心的に人や生き物を傷つけるのを助長するものではなく、
Animationの語源、Anima(魂)に基づいて「精気を与える、息吹を吹き込む」という事であり、絵や物を生き生きとみせたり、または「作る人」「観る人(使う人)」など、
誰かの気持ちがワクワクしたり、前向きに動いていくものと考えています。

それらを踏まえて、映像制作にとらわれず ものづくりや日々の生活の中から
様々な方々に届けられる私なりのAnimation活動を行っていきたいと思っています。

代表作

◆NHK「いないいないばぁっ!」『おもちモチモチ』〈紙ねんどアニメ〉/『何の音?』〔全52話〕〈Wool-Mation〉/『フワフワたべもの』〔全35話〕〈手芸アニメ〉/『ニョロニョロパーク』〔全38話〕〈ウッドビーズアニメ〉
◆NHK「プチプチ・アニメ」『とこちゃん・ちょっきん』〔全3話〕〈折り紙工作アニメ〉
◆フジTV「ひらけ!ポンキッキ」『布と糸のお話』〈刺しゅうアニメ〉
その他、作品多数
※いづれもSD画格(4:3)で2009年までに制作。
尚、契約の事情により、過去にお仕事で作らせていただいた作品は公開できません。

所属団体

アニメーター「木村光宏」が所属している団体をご紹介いたします。

日本アニメーション協会(JAA)

ホームページ
YouTube

JAAアニメーション・キャラバン

ホームページ
YouTube